薄毛についての女性の悩みは深刻です

薄毛に気づくとき

40代、50代女性に起こる薄毛や脱毛は、基本的には加齢によるものが多いと考えられています。

 

私たち人間の心身の老化は、目立たなくとも20歳代のころから始まっているといわれます。

 

それは男性もそうだそうです。

 

髪の毛についていえば、思春期から20歳前後までは太く丈夫ですが、

 

それから20歳代半ば以降は、年を経るに従い細くなり、コシやハリも弱くなり伸びる速度も遅くなるようです。
薄毛,女性の悩み,深刻

 

 

 

そういった変化は若いうちからあっても、徐々に進行するため気づくことがありません。

 

ですから、どうしても30歳代まではそれほど目立ったりしないのです。

 

しかし着実に進行はしていて、「ルードヴィヒ分類」という脱毛の進行分類によると、女性の脱毛によく見られるパターンは

 

頭頂部のつむじあたりから次第に薄毛が広がっていくのだそうです。

 

 

 

 

まさに私の母親がこれに当たっていました。

 

 

 

 

トップページにも書きましたが、

 

本人にとっては重大な問題です。

 

髪の毛が「当然のようにある」と思っている私や世間一般の女性には分からないもののようです。

 

 

 

 

きっと誰にも言えず悩んでいたと思います。

 

外出が怖かったと思います。

 

女性だからなおさらです。

 

 

 

だからこそ一緒に悩みました一緒に試行錯誤を繰り返しました

 

 

 

 

その様子は次のコンテンツに記します。

関連ページ

薄毛女性の心の内は?
女性の薄毛は絶対治ります。ただ、薄毛の悩みは当事者にしかわからない、辛いものがあります。その心にしっかり寄り添えてあげられるかが大事です。
女性の薄毛対策は目標設定が大事
女性の薄毛の悩みは本当に深いです。しかし、やみくもに始めるのではなく、目標を設定すると気分的に楽になります。