育毛剤は1日の適量を守る!

花蘭咲などの育毛剤 効果的な使い方は?

病院からお薬をもらったことのない人はまずいないと思います。

 

処方箋をもらってから薬局に行くと、薬剤師さんから必ず薬の服用方法や塗布方法の説明があります。

 

なぜなら、薬は裏を返せば「毒」にもなり得るからです。

 

決められた量や回数を守ることで「薬」になります。

 

それよりも少ない場合は効果はありませんし、多い場合は毒となります。

 

 

 

 

これは製薬会社が新薬開発するときから慎重に判断しているのだそうです。

 

その新薬の適量や回数がどこにあるのかを見極めるために膨大な時間、人、費用をつぎ込みます。

 

使いようによっては「毒」にもなり得るからですね。

 

人命に関わるようなことがあれば、会社の利益どころか存続さえ危うくなるのですから当然ですよね。

 

 

 

 

「花蘭咲」は自然由来の生薬が配合された育毛剤です。

 

しかし、やはり濃度や量によっては有害となり得る可能性もはらんでいます。

 

それでは正しい使用方法はどうなっているのでしょうか?

 

 

 

 

「効果的な使い方」

 

 

 

 

人によりますが、中にはたっぷり使ってしまう人がいます。薄毛の悩みは深刻ですから仕方がないとは思いますが…。

 

きっとたっぷりつければ効き目も倍増すると思いこんでいるのかもしれません。

 

 

 

 

もったいない!というか頭皮に悪いです!

 

(すみません貧乏性なところが見えてしまいました。)

 

これでは刺激が強すぎてかえって頭皮を傷めてしまいます。

 

 

 

 

じっくりあせらず、使用方法を守って続けるのが一番効果的です。

 

これまでの生活習慣からの脱毛や薄毛です。

 

徐々に取り戻すくらいの気持ちを持って使用してほしいと思います。