薄毛改善にはビタミンとミネラルは必須だよ

薄毛改善にはビタミンとミネラルは必須だよ!

ここまでお読みになってくださりありがとうございます。

 

薄毛予防に

 

生活習慣の改善が大切

 

だということがたくさんの方に分かっていただけたと思います。

 

ここではもう少し詳しく、「生活習慣に必要なもの」について述べたいと思います。

 

 

 

 

ビタミンで薄毛撃退!

 

あなたは「活性酸素」という言葉を聞いたことがありますか?

 

「活性酸素」は使われている漢字の影響もあるでしょうが、「元気になる素」のような印象を与えます。

 

これは大きな間違いです。

 

活性酸素は最近の研究で「万病の元」といわれるようになってきました。人間にとって大きな害を及ぼすのが活性酸素です。

 

ということは、活性酸素イコール薄毛に悪影響ということと同義になります。

 

 

 

その活性酸素を体内でやっつけてくれるのが、ビタミンE、ビタミンC,βカロチンなどです。

 

 

ビタミンE

 

 ナッツ類などに豊富に含まれています。「不老のビタミン」と呼ばれています。

 

抗酸化作用が強く、皮膚細胞の老化を遅らせるからです。

 

また、血管拡張作用があり、血液循環をよくするので、薄毛の方には重要なビタミンとなります。

 

ビタミンEは脂溶性なので過剰摂取すると体内に蓄積され中毒症を引き起こします。

 

普通に摂取する分には何ら問題はありませんので、過剰摂取だけには気を付けましょう。

 

 

 

ビタミンC

 

 おなじみのビタミンCですね。数ある役割を持つビタミンCですが、活性酸素に対するビタミンCの役割は、

 

ビタミンEの活性酸素への攻撃性を助ける働きです。ビタミンCは新陳代謝も促すので発毛にも欠かせません。

 

できれば生野菜や果物を食べるようにしてビタミンCを摂取したいところです。

 

 

 

βーカロチン

 

 βーカロチンは、緑黄色野菜に多く含まれる色素です。食べると体内でビタミンAに変わります。

 

ビタミンAも脂溶性なので、摂りすぎには注意ですが、食事でとっている程度では過剰摂取の心配はありません。

 

 

 

 

 

ビタミンB群は髪の応援団!

 

皮膚や髪に悩む人はビタミンB群が心強い応援団になります!ビタミンB群は米ぬかや玄米に非常に多く含まれます。

 

一般に売られている精米された白米にはほとんどありません。

 

しかし最近は、白米に混ぜて炊ける玄米があります。もちろん玄米ご飯に挑戦するのもいいでしょう。

 

 

 

ビタミンB2 (リボフラビン)

 

新陳代謝を活発にします。特に皮膚と肝臓です。不足すると抜け毛の原因になる脂漏性湿疹ななりやすくなります。

 

口内炎や口角炎になりやすい人はビタミンB2不足といわれますので、抜け毛の注意も必要になるでしょう。

 

また、アルコールを飲む人や脂っこいものが好きな人はビタミンB2が消耗しています。

 

レバーやウナギ、青魚に多く含まれます。

 

 

 

ビタミンB6 (ピリドキシン)

 

これも皮膚の新陳代謝に大きく影響しています。ビタミンB?欠乏でフケが増えたり脂漏性湿疹になりやすくなります。

 

食品添加物が多い加工品で多く消耗されてしまいます。

 

鮭、イワシ、マグロ、サバ、バナナやナッツ類に豊富に含まれます。

 

 

 

ビタミンB12 (シアノコバラミン)

 

別名「造血のビタミン」と呼ばれています。不足すると貧血気味になって疲れやすくなります。頭皮を刺激から守ってくれます。

 

レバーや魚介類に豊富に含まれます。

 

 

 

ビオチン

 

皮膚の健康を守っているビタミンで、不足すると皮膚がかゆくなって湿疹を起こしやすくなります。

 

食食不振や倦怠感が起こり、不安感や憂鬱な感情を持ちやすくなります。

 

レバーやナッツ類に多く含まれます。

 

 

 

葉酸 

 

妊娠サプリにもある葉酸ですが、葉酸も造血に働くビタミンです。細胞の増殖に大きく関わるので、発毛、育毛にも欠かせません。

 

不足すると免疫力が低下し、胃腸の調子も悪くなります。イライラや虚脱感、不眠になりやすいです。

 

レバーを筆頭に、ホウレンソウ、インゲン、サツマイモ、ブロッコリーなどの野菜に多く含まれます。

 

 

 

ナイアシン(ニコチン酸アミド) 

 

皮膚の細胞を活性化させ、皮膚病を予防します。

 

不足すると、口内や唇が荒れやすくなります。胃の調子も落とします。

 

アルコールをよく飲む人や白米ばかり食べる人は、欠乏の傾向になりやすいです。

 

魚介類や肉類に多く含まれ、野菜にはほとんどありません。

 

 

 

イノシトール

 

脂肪やコレステロールの代謝に関係するビタミンです。

 

不足すると抜け毛が多くなることが証明されています。食欲不振、便秘、イライラ、不眠、コレステロール増加も引き起こします。

 

アルコール、抗生物質、カフェインの摂りすぎがイノシトール消耗の原因です。

 

オレンジ、メロン、グレープフルーツなどの果物に多く、また玄米にも豊富に含まれています。

 

 

 

パラアミノ安息香酸

 

タンパク質の代謝に関わっています。

 

不足すると疲労倦怠感と共に皮膚も老化し、抜け毛も多くなる重要なビタミンBの仲間です。

 

レバー、玄米、卵、牛乳などに多く含まれます。

 

 

 

 

 

微量で十分!でも欠かせないのがミネラル群!

 

ミネラルとは「鉱物元素、無機質」のことです。ミネラルには、カルシウム、鉄、ナトリウムなどがあります。

 

必要な量は少ないのですが、人の体の中では作ることができないので、食べ物からとる必要があります。

 

ミネラルは、骨などの体の組織を構成したり、体の調子を整えたりする働きがあります。

 

一見、なんの栄養もないようなミネラルですが、このようにごく微量ながら人間の体には絶対に欠かすことはできません。

 

体内では、いくつかのミネラルどうしが微妙なバランスを保ちながら、生命活動を支えています。

 

 

 

地球上に存在する元素およそ100種類の中で、厚生労働省が摂取基準を決めているのは、

 

ナトリウム

 

マグネシウム

 

リン

 

カリウム

 

カルシウム

 

クロム

 

マンガン

 

 

 

亜鉛

 

セレン

 

モリブデン

 

ヨウ素

 

 

13種類のミネラルです。

 

 

 

生きていくのに欠かせないミネラル群ということは分かるのですが、これらをどうやって摂取するのか?

 

上に欠いてあるビタミン群とこのミネラル群の上手な摂取方法は

 

薄毛や抜け毛には東尾理子さん愛用のサプリ「美的ヌーボ」!

 

に書いてありますので、ぜひご覧ください。

 

関連ページ

髪の正体と薄毛の原因
女性の薄毛は絶対治ります。その前にいつもは気にしていない髪の正体を知りましょう。そして薄毛の原因も知りましょう。
薄毛を改善するにはライフスタイルの見直しを
薄毛を改善するにはライフスタイルを見直す必要があります。ライフスタイルの見直しについて考えることで薄毛改善の対策が立てやすくなります。
薄毛改善の対策 シャンプー、ブラッシング、マッサージ
女性の薄毛改善の対策として、シャンプー、ブラッシング、マッサージの仕方があります。そのやり方を調べました。