薄毛は体内環境悪化のサイン

薄毛は体内環境悪化のサイン

みなさんはチャゲ&飛鳥って知ってますか?若い人ならChage&Askaという表記の方がしっくりくるかもしれません。

 

人気デュオだった彼らのうちの1人、アスカさんが2014年に覚せい剤取締り法違反で逮捕されました。

 

当時は連日の報道でワイドショーをにぎわせていました。

 

その時にアスカさんや知人女性が覚せい剤を服用していたかどうか判断するための方法として取り上げられたのが「毛髪鑑定」でした。

 

 

 

 

大体は尿検査で判定するらしいのですが、より正確な検査方法なのでしょう。

 

当時は何気なく聞いていましたが、母の頭頂部の薄毛対策に腰を上げたおかげでその意味がより分かりました。

 

 

 

 

髪の毛というのは、その人が保有している情報が詰まっているようなのです。

 

詳しく言うと、髪の毛を検査することで、その人が摂取したミネラルや栄養素が判るというのです。

 

これは、髪の毛が1本あれば可能だそうで、血液型、性別、年齢までも判定できるみたいです。

 

あのナポレオンの死因が毒殺だったことも、ナポレオンの髪の毛からヒ素が発見されて判明したのです。

 

 

 

 

それゆえ、毛髪は排泄器官の一つとも言われています。

 

食物から体の中に消化吸収されたミネラルの量にもっとも近い値をわずか1本の毛髪から知ることができるわけですからね。

 

 

 

 

髪の毛で健康チェックができるくらいですから、体内環境と毛髪は密接に結びついていることが分かります。

 

ですから、薄毛対策を真剣に考えるときには体内環境抜きには改善は考えられないということになります。

 

もしかしたら、髪の毛が抜けはじめて薄く感じられるようになってきたら、体調の悪化を疑うくらいの気持ちでいた方がいいのかもしれません。

 

私と母は、この点に気づけたのが大きかったです。

関連ページ

薄毛改善には乳酸菌とビタミン、ミネラル!
女性の薄を改善するには、乳酸菌とビタミン、ミネラルの摂取が大事です。乳酸菌とビタミン、ミネラルを摂取することで体内環境が改善されます。
オススメの乳酸菌とビタミンサプリ
女性の薄毛は絶対治ります。50代の私の母が悩んでいた頭頂部の薄毛が改善された方法を大公開します。体質改善と育毛剤を効果的に組み合わせることで薄毛改善は劇的に達成されます。