花蘭咲の発毛効果は3種類の有効成分にあり

花蘭咲の発毛効果が高い秘密がコレ!

これまでのコンテンツでは、花蘭咲の発毛効果について述べてきました。

 

花蘭咲が誇る発毛効果の高い有効性分と天然エキスのページでは、

 

「花蘭咲」は3種類の有効成分

 

 

「センブリエキス」

 

「ニコチン酸アミド」

 

「塩酸ヒシドキシン」

 

 

を紹介しました。

 

 

 

 

実はこの中でも特に「センブリエキス」が花蘭咲のエースストライカーといえると思います。

 

 

 

センブリとは、秋に白色の花をつける高さ20cm位のリンドウ科の2年草です。

 

日本ではよく、食べすぎ・飲みすぎ・消化不良・胃もたれ・胃痛・食欲不振の薬として、そして苦さがある薬として知られています。

 

センブリは熱湯で千回振りだしても苦いといわれるため、その名前がつけれたようです。

 

その強烈な苦み成分は、消化器官においては唾液・胃液・胆汁といった消化液に分泌を促進し、胃壁の血液循環を改善します。

 

これは皮膚にも有効で、皮膚に近い抹消血管に作用して血管を拡張します。

 

この働きにより血液の循環量が増え、皮膚温度も上げることで、発毛育毛にもよいとされています。

 

同時に皮膚の新陳代謝もよくなりますから、結果的に頭皮細胞も活性化し、発毛・育毛につながるのです。

 

 

 

 

このようなセンブリエキスの天然パワーが自然の毛根に働きかけ、発毛・育毛を促進してくれるのです。

 

すばらしい!センブリエキス!大好き!センブリエキス!

 

 

 

 

また、「ニコチン酸アミド」は、読んで字のごとくニコチン酸を補給する性質があります。

 

ニコチン酸はビタミンの一種で、体の酸化還元反応にかかわっています。

 

また、皮膚や粘膜を正常にたもつ働きや、血行をよくする作用もあります。

 

ニコチン酸アミド欠乏症としてペラグラ(日光皮膚炎、吐き気、下痢、不眠)という病気があり、「抗ペラグラ因子ビタミン」とも呼ばれます。

 

ニコチン酸アミドの有効成分は、ニコチン酸です。

 

したがって、ニコチン酸の不足によるペラグラをはじめ、皮膚炎や湿疹、口内炎などに用いると効果的なのは知られていましたが、

 

そのほか、血流改善効果もあるので、頭皮の血流量アップ、そして発毛促進につながるわけです。

 

 

 

 

「塩酸ヒシドキシン」は、聞きなれない成分ですよね。

 

実は、皮脂の分泌を正常にする働きがあります。

 

みなさんお分かりのように、頭皮に皮脂が過剰分泌されると抜け毛の原因となります。

 

そういう情報があると、今度は皮脂を取りすぎるシャンプーケアをしてしまいがちになりますよね?

 

余分にあっても困るし、少なすぎても困る。それが皮脂です。

 

その皮脂を適正に保って頭頂部の薄毛改善に導いてくれる有効成分が「塩酸ヒシドキシン」なのです。

 

 

 

 

これら3種の有効成分がバランスよく含まれているから花蘭咲は優れモノなのですね。

 

「花蘭咲」を見てみる

関連ページ

花蘭咲が誇る発毛効果の高い有効性分と天然エキス
花蘭咲には発毛効果の高い3種類の有効成分と10種類の天然エキスが配合されています。エビネエキスに他の生薬が配合されたことで発毛効果が一層高まりました。
花蘭咲の発毛効果を高めているエビネ蘭ってどんな植物?
花蘭咲の発毛効果を高めているエビネエキスはエビネ蘭という植物から抽出されています。エビネ蘭とはどんな植物なのでしょう?
花蘭咲の驚異的な発毛効果
花蘭咲の驚異的な発毛効果は、エビネの根に秘密がありました。薄毛の原因の一つであるフケ原因菌に対する殺菌効果が確認されました。
花蘭咲の発毛効果は世界が認めた!
花蘭咲の発毛効果は日本含めた13か国で認可されています。
花蘭咲は効果なし?効かない?
花蘭咲は効果がない、効かないという書きこみがたまに見られます。しかし、それは本当であって本当ではありません。要は花蘭咲の使用方法に問題があるということです。