肌の役割は体のバリアー!

肌の役割は?

普段は気にも留めない肌ですが、その役割は一言でいうと「バリアー機能」です。

 

 

 

私たちの体は1枚の大きな皮膚で覆われていると考えていいと思います。

 

頭の先からつま先まですっぽりと。

 

で、その皮膚は表皮(表皮)と真皮(しんぴ)に分けられますが、日焼けした後むける皮が表皮で、平均約28枚の層で構成されているようです。

 

 

 

その表皮の一番下の細胞が毎日一つの細胞を作るのです。その細胞はのちに「角質」と呼ばれるものに変わります。

 

聞いたことありますよね。角質は煉瓦のように微妙に位置をずらしながら積み重なっていき、14枚の層になります。

 

 

 

 

この14枚の層が強力なバリアーとなり、私たちの体を守ってくれているというわけです。

 

この角質のおかげで、お風呂に入っても水ぶくれにならないのです。

 

さらに、肌や頭皮に化粧品や育毛剤を塗布すると、このバリアー機能が働き、なんと必要な成分だけを、必要な分だけ吸収する仕組みになっているのです。

 

 

 

 

しかし、バリアーにも限界があって、肌によくない成分が多量に含まれた化粧品や育毛剤を使い続けると、それらの成分はバリアー機能を破って徐々に浸透してしまいます。

 

そして、その成分は頭皮の下に残ってしまうのです。怖いですね。ですから育毛剤はできるだけオーガニックに近いものがいいのです。

 

私と母はこの記事を読んで「花蘭咲」にしたのです。

 

 

 

 

あまり刺激の強すぎる育毛剤は、より脱毛を引き起こすだけではなく肌トラブルをも引き起こします。

関連ページ

髪の毛は「排泄」「保温」「クッション」の役割
髪の毛には「排泄」「保温」「クッション」の役割があります。どれも人間が生きていくうえで大切な役割を果たしています。
育毛と脱毛の真実
髪の毛が育つのは自然なこと、抜け毛もよくよく考えてみれば毎日抜けることが当然だということに気づきます。
髪と肌はどんな成分からできているの?
髪と肌の成分は実は同じなのです。髪をいたわるには、頭皮もいたわらなければいけない理由が分かりますね。
頭皮は刺激に弱い シャンプーや洗い方が大事
頭皮は刺激に弱いのです。ですから洗う時は汚れだけを取り除くことが大事です。シャンプーや洗い方も大事ですね。