頭皮は刺激に弱い シャンプーや洗い方が大事

頭皮は刺激に強い?弱い?

このサイトをご覧のあなたはもう答えはお分かりですよね。

 

もちろん頭皮は刺激に「弱い」です。

 

ですから、頭皮の洗い方というのは非常に重要です。

 

 

 

近所に80歳のおばあちゃんがいました。結構仲良くさせてもらっていましたが、そのおばあちゃんの肌は30代かと思うようなものでした。

 

ある日もお話しをさせていただきながら、失礼と思いながらも秘訣があるかと思い聞いてみました。

 

洗顔に気を付けていると言っていました。

 

 

 

石鹸をつけたガーゼで顔をこすり、垢をとるのだそうです。強くこすらずに一番上の垢だけをとる感じだそうです。

 

石鹸は高くて見よいものを使うこと。肌荒れ予防にもなるそうです。最後は乳液→化粧水の順につけてケアしているといっていました。

 

 

 

肌に負担をかけないで汚れだけをきれいに取り除くのは究極の美容ですよね。

 

 

 

これはそのまま洗髪にも当てはまると思っています。

 

頭皮を美しく保護するために、シャンプーとリンスコンディショナーの質、そして洗髪方法と洗い終わった後の頭皮の保護方法。

 

おばあちゃんが石鹸にこだわったように、私たちはシャンプーにこだわった方がいいですね。

 

そして髪と頭皮を傷つけることなく汚れのみをきれいに洗い流す。

 

髪と頭皮に負担をかけずにね。

 

 

 

そしてこれまた良質の育毛剤をつけて保護膜の役割を果たしてもらう。

 

これがベストな方法だとおばあちゃんに教えられた気がしました。

関連ページ

髪の毛は「排泄」「保温」「クッション」の役割
髪の毛には「排泄」「保温」「クッション」の役割があります。どれも人間が生きていくうえで大切な役割を果たしています。
育毛と脱毛の真実
髪の毛が育つのは自然なこと、抜け毛もよくよく考えてみれば毎日抜けることが当然だということに気づきます。
髪と肌はどんな成分からできているの?
髪と肌の成分は実は同じなのです。髪をいたわるには、頭皮もいたわらなければいけない理由が分かりますね。
肌の役割は体のバリアー!
肌は体を守ってくれるバリアーの役割をしています。乾燥や水ぶくれから守ってくれているのです。