頭皮の皮脂が汚れに変化すると薄毛の原因となる

皮脂が汚れに変化するとき

前の記事頭皮の皮脂は薄毛予防の大切な成分では皮脂はなくてはならない成分と書きました。

 

しかし有能な成分である頭皮の皮脂も時間の経過とともに空気中の酸素と反応して酸化してしまいます。

 

保護膜だった皮脂が酸化してしまうと粘り気が出てきます。

 

食用油も繰り返し繰り返し使っているとサラサラ感がなくなってきますよね。

 

あんな感じです。

 

 

 

 

粘着性を持った皮脂には空気中のごみを吸着してしまいます。

 

それが大きくなったのが「フケ」です。

 

もうこうなってくると皮脂としての役割は全くなく、単なる汚れです。

 

もちろん育毛や発毛にはよいはずがありません。薄毛や脱毛の大きな原因となってしまいます。

 

 

 

 

そのようになる前に古くなった皮脂は取り除く必要があります。

 

それではどのくらいの頻度でシャンプーをすればいいのでしょうか?

 

答えは1日1回です。

 

その日の汚れはその日のうちに取り除くことが大事です。

 

そうすれば髪も頭皮も健康なままで脱毛のようなトラブルに発展することはありません。

 

 

 

 

ただし、繰り返しになりますがシャンプーとコンディショナー、育毛剤選びを間違わないようにしましょう。

関連ページ

頭皮の皮脂は薄毛予防の大切な成分
頭皮の皮脂は薄毛予防の大切な成分です。必要以上に取り除こうとすると、頭皮が乾燥してしまい、薄毛が進行してしまいます。
頭皮の皮脂汚れに向かないシャンプー方法
頭皮の皮脂は汚れだけを洗い流します。皮脂汚れに向かないシャンプー方法をまとめてみました。
皮脂汚れのケアや薄毛、脱毛に効果的なシャンプー方法
皮脂汚れをケアしたり、薄毛や脱毛予防に効果的なシャンプーの方法をまとめました。
頭皮のケアを考えたシャンプーはこちら
頭皮のケアを考えたシャンプーを選ぶことが大切です。