皮脂汚れのケアや薄毛、脱毛に効果的なシャンプー方法

皮脂汚れのケアや薄毛、脱毛予防に効果的なシャンプー方法

前のコンテンツ

 

頭皮の皮脂汚れに向かないシャンプー方法

 

では、正しくないシャンプー方法を書きました。

 

それでは薄毛や脱毛を防ぐ正しいシャンプー方法とはどんなものでしょう?

 

さらに詳しくまとめました。

 

 

 

 

基本的に洗髪は毎日の入浴時に行うだけでオッケーだそうです。

 

頭皮の場合は指の腹で30秒程度のこすり洗いで十分!とのこと。

 

1日に何回も洗髪したり、頭皮を5分以上も洗うという行為は一見丁寧でよさそうですが、むしろ薄毛や脱毛を促進してしまいます。

 

 

 

 

また、洗髪という字をあてているので誤解しがちですが、髪だけを洗うのも厳禁です。

 

むしろ洗髪の本当の目的は頭皮の洗浄だと思ってください。

 

頭皮の表面を指の腹で優しくこすり洗いをします。

 

ここで頭皮表面の汚れを落とし切りましょう。

 

 

 

 

 

洗髪後は質のよいコンディショナーで髪と頭皮を整えます。

 

髪にツヤとコシが出ますから、髪同士で擦り合わさることがないので、切れ毛や脱毛防止に役立ちます。

 

また、皮脂の分泌が活発になるのは、シャンプーによって古い皮脂が洗い流された後です。

 

この時にコンディショナーを使うことで、急激な皮脂分泌を抑えられます。

 

皮脂が過剰に分泌されないということは、髪のべたつき防止にもつながります。

 

べたつきが気になる人はこれを理解していない人が多く、皮脂が過剰分泌される環境を自分で作ってしまっています。

 

 

 

 

 

これも何度も繰り返しますが、やっぱり質のよいシャンプーとリンスを選びましょう。

 

私の母が今使っているシャンプーを紹介します。

関連ページ

頭皮の皮脂は薄毛予防の大切な成分
頭皮の皮脂は薄毛予防の大切な成分です。必要以上に取り除こうとすると、頭皮が乾燥してしまい、薄毛が進行してしまいます。
頭皮の皮脂が汚れに変化すると薄毛の原因となる
頭皮の皮脂も時間と共に汚れに変わります。頭皮の皮脂が汚れになる前に取り除くことが大事です。
頭皮の皮脂汚れに向かないシャンプー方法
頭皮の皮脂は汚れだけを洗い流します。皮脂汚れに向かないシャンプー方法をまとめてみました。
頭皮のケアを考えたシャンプーはこちら
頭皮のケアを考えたシャンプーを選ぶことが大切です。